出来た妊娠線を綺麗に消す方法とは?目立たなくしたい方必読です

妊娠 ビューティーコスメ

はじめに、妊娠線とは妊娠の時にできる「肉割れ」の事です。

なぜ、妊娠中に肉割れがおこるのでしょうか。

原因として考えられる事は、「妊娠によるお腹のふくらみ」によって肌が伸びる事で肌の内側の細胞が急激な伸びに追いつくことができずに裂けてしまう事です。

「食の好みの変化」による偏った食生活が原因で肌に十分な栄養がいきわたらず、肌が弱くなってしまった事や、つわりや体調の変化から動く機会が減り「皮下脂肪が増えた」事など様々です。

妊娠線がついてしまった姿をみて、「子供がいた証」と思える人もいるかもしれませんが、変わり果てた自分の姿にショックをうけた方もいるのではないでしょうか。

「一度できてしまった妊娠線は消すことはできるの?」「産後に消したい!」と思っている方へ先に誤解のないようにお伝えしておくと、妊娠線は「完全に消す」事はできませんが、「目立たない状態にする」事が可能です。

ここでは、妊娠線を薄くする効果のある方法や妊娠線の進行を遅れさせることができる方法を紹介させていただきます。

スポンサーリンク

妊娠線ができ始めたらまずやること一覧!跡が残らないために

対策

「あれ?これって妊娠線かな?」と気づいたらまずやるべきことはなんでしょうか。日常生活でやるべきことを紹介しますね。

肌を保湿する

お腹が膨らんでくると、皮膚の伸びが悪い人ほど妊娠線ができやすくなります。乾燥して弾力のない肌の人は皮膚が伸びにくいためか妊娠線ができやすく、しっとりした肌の人はできにくいともいわれています。

少しでも妊娠線の進行をおくらせるためにもクリームで肌を保湿して、お肌の健康を保ち、伸びやすい肌をめざしましょう。

食生活を見直す

妊娠中は食の好みが変わり、偏った食事になりがちです。甘いものや脂っこい食べ物をとりすぎないよう注意したり、タンパク質を多く含む食材を取ることを意識してバランスのいい食事をとったりして無理のない程度に食生活を改善していくことは、肌に栄養をいきわたらせるために大切なことです。

適度に運動する

皮下脂肪の急激な増加は、つわりや体調の変化・体が重くなったことで動く機会が減ることが原因です。

だからといって妊娠中に過剰な運動はよくありませんが、自分の体調にあわせて適度にウォーキングするなど軽い運動をして、血液の循環をよくするとともに皮下脂肪の急激な増加を予防しましょう。

妊娠線があらわれる時期はひとそれぞれですが、妊娠線ができたという人の調査から、80%の人が妊娠後期(8~10ヶ月)から妊娠線ができたという回答がえられたそうです。このデータから考えると、妊娠線の予防対策は妊娠中期からはじめることがおすすめです。

しかし、早い段階で妊娠線に気づいたひとはその時がチャンスです。妊娠線がひどくならないように予防をはじめることをおすすめします。

妊娠線がまだ見えなくても、痒くなってきたりピリピリした痛みを感じたりした時には妊娠線があらわれる前触れの可能性がありますので注意しましょう!

スポンサーリンク

すぐに見て!妊娠線を悪化させない3つの対策

Natural4women

人によっては妊娠、出産後も何十年とはっきり跡が残ることもある妊娠線。しかし、妊娠線ができたからといってあきらめないでください!

できてしまった妊娠線を薄く目立たない状態にする事は可能です。既にできてしまった妊娠線をこれ以上悪化させない・薄くする対策をご紹介します。

  • クリーム保湿
    妊娠線ができた後でもクリームで肌を保湿することは、肌の免疫力を高める効果があるほかに、お肌の再生をうながす効果を期待できます。出産後も肌の再生に必要な成分をクリームで与え続け、肌の再生をうながしましょう。専用のクリームを使う事で、より効果を期待できます。
  • 睡眠をしっかりとる
    睡眠は肌の再生を促す効果があります。特に入眠後3~4時間で肌の成長ホルモンが分泌されやすいといわれています。質の良い睡眠をこころがけることはお肌本来の再生力をひきだすために重要です。
  • ダーマローラーを使う(妊娠中は控えましょう)
    ダーマローラーとは、細い無数の針がついた美容をうながす機器です。この機器は肌に目で見えないほどの傷をつくり自然治癒力を高める効果があるといわれています。セルフで使用する事もできますが、そのさいにはしっかり注意事項を確認しましょう。不安な人はクリニックにかかる事をススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

妊娠線は人によって個人差があるものの、時間をかけて様々な方法で薄くしていくことが可能です。些細なことから挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク