クローゼットの湿気を逃がすため開けっ放しは危険?湿気の解決方法

クローゼット 生活

お洋服の収納に便利なクローゼット。

しかし、クローゼットを開けたら「なんだか臭い」「知らない間に洋服にカビが生えていた」事はありませんか?

クローゼットを開けっ放しにすることで湿気がなくなるといわれていますが「一日の間どのくらい開ければいいの?」「開けっ放しの状態は本当に効果があるの?」と不安になるのではないでしょうか。

ここでは、クローゼットを開けっ放しにする事のメリットとデメリットをお伝えするとともに、湿気の解決方法をご紹介させていただきます。「開けっ放しが良いと聞いて実践している」かた、「これからやってみよう」と思っている方は是非参考にしてみてください。

そして、湿気やカビ、嫌な臭いから大切なお洋服を守りましょう!

スポンサーリンク

クローゼットを閉めっぱなしにせず適度に開ける理由とは?

クローゼットを閉めっぱなしにすることは換気不足を招き、湿気がたまったりカビが生えたりする原因につながります。

「部屋の換気をしているなら別に問題ないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、部屋の換気をしていてもクローゼットのドアを閉めていたら何も効果はありません。(隣の部屋が窓を開けていても、自分の部屋のドアを開けていなかったら風が通らないのとおなじです。)

大切なのは、クローゼット内の空気を入れ替える事。

クローゼットを適度に開けて換気をすることで空気の循環がよくなり、カビの発生を防ぐことにつながります。さらに、換気の際には扇風機で中に風を入れたり除湿機を置いたりする事で、さらなるカビ防止効果を期待できます。

しかし、換気することが良いからといって、クローゼットを開けっ放しにしておく事は防虫剤・除湿剤の効果を落としてしまいます。普段クローゼット内に防虫剤・除湿剤を置いている人は注意が必要です。

クローゼットのドアは常に開けておくのではなく適度に開けて換気をするようにしましょう。開けている状態だともちろん部屋のホコリがクローゼット内に入ってきますので、ホコリ対策で洋服にカバーをかけるのがおすすめです。

ひとつ注意していただきたいのが、クリーニングからかえってきた時にしてあるビニールカバーをしたままクローゼットに収納することです。

ビニールのカバーは、ホコリがつかないけれど「湿気がたまりやすい環境」をつくってしまうためビニールをとって不織布のカバーに付け替えると良いそうです。

スポンサーリンク

クローゼットを開けたまま寝るのは大丈夫?意識することとは

それでは、クローゼットを開けたまま寝ることは大丈夫なのでしょうか。

「昼間は忙しくて開ける暇がなかったから寝ている時間を利用して換気をしよう。」と考えて寝ている間に開けている方は注意してください。

クローゼットを開けたまま寝ている間にもし地震がきたら、クローゼット内の洋服や物が落ちてきて大変危険です。特に寝室でそのような状況になれば、怪我をしてしまったり、逃げる道の確保が難しくなったりする可能性があります。

万が一の事を考えて、寝るときはクローゼットを閉めるように意識していきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

クローゼット内のカビは、お洋服や近くの壁・柱などに繁殖して家を傷めてしまう原因にもなります。カビが生えて大変な思いをする前に、適度な換気で除湿やカビ予防を心がけてお洋服やお家を守りましょう。

また、クローゼットに物を詰め込みすぎる事、湿った服を入れておく事もクローゼット内の環境を悪くする原因となります。

洋服は適度な間隔が保てるような量を収納するようにこころがけたり、少しでも湿っている服はしっかり乾かしてから収納するようにこころがけてみましょう。

ずっとクローゼットにしまいっぱなしのお洋服はたまにだして干す事も良いといわれています。日頃から何気なく使っているクローゼット内の環境にささいな事から気を配ることで大切なお洋服を長く着ていきたいですね。

スポンサーリンク