自転車通学で雨の時はどうしてる?女子高校生向けの便利グッズ4選!

雨の日通学 生活

雨の日の通学は憂鬱なもの。それが自転車通学であれば尚更ですよね。

2015年6月1日に道路交通法改正され、自転車の傘さし運転は禁止になりました。

雨の日の傘さし運転。学生の頃、傘さし運転は危ない危ないと思いつつも、雨には濡れたくないけどもレインコートはダサいし着たくない!!と言う勝手な理由から傘さし運転をしていました。

ですが法律が改正された事により、違反をした者は罰金が課せられる事になりました。

そこで今回は憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれるレイングッズについてご紹介します。

スポンサーリンク

雨の日でも可愛く自転車通学したい!そんな時に身に着けたい4つ

アドバイス

今回紹介したいのがレインウェア。昔と違い機能も充実していて、なにより嬉しいのがオシャレな物も選べるようになりました。

レインウェアだけでもセパレートタイプ、ポンチョタイプと色んな種類に分かれているので、どれにしようか迷ってしまうほどです。

セパレートタイプ

特徴:ウェアが上下に分かれていて、アンダーはスカートやパンツがある。

メリット:防水の服を着ているイメージなので強風が吹いてもめくれない。

デメリット:気密性に優れているため蒸れやすい。

まとめ:体にフィットし風に強く、防水性に優れているので長時間の使用や雨の日のサイクリングに便利。

ポンチョタイプ

レインウェアポンチョレディース

特徴:袖がなく、広げると大きな丸い形になる。

メリット:頭から被るだけと着脱は簡単。リュックを背負いながらでも使用できる。

デメリット:袖がないので横から風がふくとバタバタを翻(ひるがえ)り雨で濡れてしまう事がある。膝下からの風にも弱く、風が吹くとめくれてしまうので強風の日や長時間の使用には不向き。

まとめ:着脱が簡単な分、風には弱いがゆったりとした作りになっているので普段使いには便利。

又、収納ポーチと一体型になったレインウェアもあります。

内側を折りたためば、ポーチになるスグレもの。

コンパクトに収納が可能なので場所を選ぶことなくしまう事が出来、まわりの物を濡らしてしまう心配もないので安心して片づける事が出来ます。

レインハット

レインウェアと一体型になったレインハットやバイザーがついたレインハットもあったりと多種に渡る。

他にも、ハット周りに透明なビニールを使用している視界良好タイプがあったりと様々。

スポンサーリンク

雨の日の自転車通学から靴をシューズカバーで濡れから守る!

雨の日 シューズカバー

写真引用:https://item.rakuten.co.jp/outletshoes/92555/?iasid=07rpp_10095___ea-jqrva02z-33-6f7c7f7a-3a38-4a7b-8a0a-fcbf1fb8ae6d

そうそう、忘れがちなのが足元です。

せっかく顔や服を守る事が来ても足元が濡れてガクガク、ブルブル。足元が濡れると、体全体が冷えるので服は濡れなくても風邪をひいてしまう事もあります。

そこでシューズカバーの出番。シューズカバーで体の冷えを防ぎましょう。

シューズカバーを選ぶ時は完全防水タイプで着脱のしやすいタイプがオススメです。

シューズカバーとひとことで言っても反射板付きのシューズカバーや、ベルト付き、防水収納カバー付きと様々、中にはワンコインで購入できる商品もあります。

中でも「バイク用」と表示のあるものはペダル操作をしても破けにくい補強素材を使用しるので自転車通学には、膝下が濡れない「バイク用」が便利です。

シューズカバーがあると、突然雨が降ってきても靴が雨に濡れてジメジメになるのを防いでくれるのでカバンの中に常備しておいても良いですね。

レインスニーカーを試してみる

雨 レインシューズ

写真引用:https://item.rakuten.co.jp/komnetwork/01-003422/

結構お手頃に買えちゃうお店を言えば、しまむらです!

しまむらにはかなり便利グッツがあり、特に雨の日用のレインパンプスや今ではスニーカーがあります。

シューズカバーが嫌!という場合はレインスニーカーで投稿するというのもありかもしれませんよ。

見た目はスニーカーとまったく同じ、素材が違うだけ。雨の日とはいえ見た目が気になる形にオススメですよ。

もっとお洒落なレインシューズを探したい方はネットもオススメです。

雨の日対策!カバンを濡らさないグッズを紹介

レインバックカバー

写真引用:https://shop-list.com/women/kira-kira/umb0008/

では最後はカバンです。

レインウェアのお陰で、体は濡れずに済んだけどカバンがビショビショになってしまった経験のある人もいるのではないでしょうか?

大きな袋をカバンに被せても、何だかダサいし・・・。かと言ってカバンが濡れたらカビる原因にもなるし、何よりアチコチ濡らしてしまうので困りものです。

そんな時に、レインバックカバーというのもあります。

レインバックカバーは100円~4000円と幅広く展開しているので、お好みのレインバックを見つけて雨からカバンを守ってあげる事が出来ます。

自分のカバンに合った、お好みのレインバックが見つからなければ自分で作ることも出来ますよ。

雨の日は見通しが悪く、事故を起こしやすいので、めだちやすい色のグッズや反射板の付いたアイテムを選ぶのもオススメです。

まとめ

雨の日こそオシャレして憂鬱(ゆううつ)な気分を吹き飛ばしましょう。

自転車に乗りながら傘をさせなくなった今だからこそ、雨の日ではないと着れないレインウェアを身に着けて登校するのもありです!

本日は雨の日に役立つグッズの紹介でした♪

スポンサーリンク