保育園までのお迎え雪の日は何でする? 危険を防ぐ方法とは

雪の日保育園のお迎えに気をつけたいこと 生活

朝、起きると一面の雪。(住んでいる所によっては雪が少ない所もありますが)

道路は渋滞の車でごった返し、保育園バスは運休という場合もありますよね。

朝から雪が降っていると子供はハイテンションですが、大人は保育園の送迎の時間を早めたり、ひどい時には仕事を休んだりしなければならないので朝から憂鬱でゲンナリ。

しかしゲンナリしている場合じゃありません。

雪の日はお迎えするだけでも危険がつきものなので、本日は雪の日のお迎えについて注意したい事をまとめました。

スポンサーリンク

保育園までの雪の日の送迎はどうする?早く出るだけじゃダメな理由

大雪 お迎え 道路

雪が降っているとどうしても交通面で遅くなるため、家を早くでれば大丈夫!と考えがちですが、早いだけではダメです。

雪の日の道路は、路面が滑りやすくなっているので曲がり角や交差点で事故が発生している事も。

それが原因で道路は渋滞し、バスは時間通りに動く事が出来ません。

渋滞だけだとまだ良いのですが、電車はあまりの降雪量の多さで完全にストップしてしまう事もあったりと移動するのにもいつもより多めの時間の確保が必要となります。

そこで、各種移動手段で何に気をつけたら良いかをまとめました。

車でお迎えする場合

路面の凍結が原因で渋滞が起こる事が考えられます。

ブレーキの反応が普段より遅くなるので注意が必要です。

又、坂道も大変滑りやすくなっている可能性が出てきますので、面倒ですがチェーンを巻いたり雪用タイヤに穿き替えたりする事をおススメします。

タクシーの場合

みんな考える事は同じなようで、タクシー会社に10回以上電話しているのに繋がらない事もありました。

その時は前日から予約の電話を入れたのですが「明日の天気次第で状況が変わりますので、すみませんが当日お電話をお願いします」と、予約はできなかった為タクシーは使えないと思っていた方が賢明です。

自転車の場合

雪用の装備がない自転車はとても滑りやすく危険です。又、子供を乗せているのでバランスも崩しやすくなっています。

それでも自転車を利用する場合は十分気をつけましょう。(とはいえオススメはできません。)

バギーを利用する場合

雪で道が塞がれているのでタイヤが埋まり通行が困難です。

最悪、片手にバギーを持ちかかえ反対の手では子供を抱っこして登園と、荷物が増えて大変な目に合う事も。

だっこひもを使う場合

普段の登園では何かと便利な抱っこ紐。

ですが、足元が見えにくい抱っこ紐は凍結して滑りやすくなっている雪の日での使用は大変危険です。(本当足元注意です。)

スポンサーリンク

保育園の送迎は何でするのが良い?自転車は雪の日危険!

雪 自転車

2012年の2月に千葉県でこんな事故がありました。

「凍結で自転車転倒、千葉の男子高生はねられ死亡」日本経済新聞(2012/2/18 17:59)

18日午前7時半ごろ、千葉県柏市柏の市道で近くの高校2年、○○○○さん(17)が自転車で転倒、後ろから来た乗用車にはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。柏署によると、事故当時路面は凍結していた。
柏署は自動車運転過失傷害容疑で、乗用車の△△△△容疑者(44)を現行犯逮捕、容疑を過失致死に切り替えて調べている。

柏署によると、現場は片側1車線の緩やかな左カーブ。○○さんは道路左側を走行中、車道側に転倒した。△△容疑者は「目の前で転倒し、避けきれなかった」と供述している。

○○さんは都内の私立高校に登校するため、JR北柏駅に向かう途中だった。〔共同〕

(名前は伏せ、一部省略しています。)

路面が滑りやすくなっている雪の日に、高校に通うために起きた何とも痛ましい事故。

私も学生時代、雪の降る日の自転車通学で何度かヒヤっとした事があります。私は大丈夫と思っているとこういう事故が起きる可能性も。

ヒヤっとする程度だったらまだ良いのですが、このような事故を起こさない為にも自転車での通園は避けましょう。

保育園まで十分な幅があればソリという手もあり!

又、子供の首が座っているようであれば、保育園の送迎はソリという手もあります。

ソリに乗ってると、子供も雪で遊びながら移動できるので寄り道せずに帰れますし、道路に飛び出す心配もありません。

「子供の首が座ってないの」と言う方は一度、お休みしてしまったらいかがでしょう?

保育園や幼稚園は義務教育ではないので、休んでしまっても問題ないですし、雪の日の登園であれば、自由登園になっている所もあります。

その際、大事なのは【危険を要するため登園が困難な事】をシッカリと保育園、幼稚園に連絡を入れる事。

この時期は感染症が流行っている事もあるので、園側をしてはお休みの理由を把握しておきたいからです。

又、仕事をしているお母様は園をお休みするのに抵抗があるかと思いますが子供の身の安全を考えて一番の安全策をお願いします。

もし、雪の日に休めるようであれば前日にスケジュールの調整と仕事の管理はモチロン周りの人に明日、雪になったら仕事を休む旨も伝えておきましょう。

まとめ

雪の日の登園は遅刻や危険が付きまといます。雪で遊びながら登園する子供を尻目にお母さんはイライラ・・・なんて事も。

ですが、悪いのは全て雪のせい(にしたい。)普段降らない雪が子供を虜にしてしまうんです。

遅刻しそうでイライラが募り、焦るあまりにその行動が思わぬ事故に繋がる事も。

雪の日は何かとスケジュールが立て難いですが、子供と一緒に雪で遊ぶぐらいの心のゆとりを持たせた送迎にする事が一番の危険回避策になりそうです。

雪の日は十分気をつけましょう!

スポンサーリンク