焦げついたカセットコンロの掃除方法!丸洗いは危険性が高い

カセットコンロ 生活

一家に一台持っておくと便利なカセットコンロ、秋から冬にかけて、出番が増えてくるのではないでしょうか。

  • カセットコンロのしつこい汚れをどうにかして落としたい…
  • でもカセットコンロって、どのように掃除したらいいの?

そんなギモンに答えるべく、カセットコンロのお掃除方法についてまとめてみました!

スポンサーリンク

注意!焦げ付いたカセットコンロの掃除方法!丸洗いしていいの?

やめて

基本的にカセットコンロを丸洗いするのは危険です!

取り外しができるパーツは取り外してから、掃除をすることをオススメします。

カセットコンロ水洗いOKなところは?

取り外しができるパーツは水洗いをすることが可能です。

洗った後にしっかりと乾かすことを忘れないようにしましょう!

取り外し可能なパーツについては、付属の取り扱い説明書をご確認ください。

カセットコンロ水洗いNGなところは?

水洗いをすると危険なのが、着火部分です。

着火部分に水がつくと、火のつきが悪くなってしまったり、故障の原因となる可能性があるので注意しましょう。

スポンサーリンク

カセットコンロの焦げをきれいに除去する方法これでピカピカ!

重曹

水洗いができない着火部分に汚れが詰まっている場合は、使い古した歯ブラシなどで詰まった汚れを取り除き、固く絞った濡れ布巾などで拭き取るようにしましょう。

また水洗いOKなパーツについては、食器用洗剤を使用するのが一般的です。

スポンジに食器用洗剤を含ませて洗い、最後は水やお湯で流せばOK!

でも「食器用洗剤だけじゃ、しつこい焦げ付きや油汚れは落とせない!」という場合もありますよね。

では食器用洗剤以外にしつこい汚れを落とす方法は、どんなものがあるのか見ていきましょう。

カセットコンロの焦げを取る重曹

食器用洗剤では除去できない焦げ付きや油汚れには、100円ショップやドラックストアで簡単に手に入る重曹を使用します。

【用意するもの】

  • 重曹
  • 熱めのお湯
  • キッチンペーパー
  • 汚れてもいい布
  • スプレーボトル
  • 小さめの密閉容器
  • 使い古した歯ブラシ
  • 大きめのビニール袋(代わりに鍋やたらいでもOK)

【作業方法】

1.粉・重曹水・ぺーストの3種類に分けて準備する

重曹水は40度程度のぬるめのお湯100ミリリットルに対して、小さじ1の重曹を混ぜてスプレーボトルへ入れておきます。

ペーストは水と重曹を1:2~3の分量で混ぜて密閉容器へ入れておきます。

固まりやすいので、密閉できる容器がおススメです。

2.五徳を掃除していきます

  1. 汚れがひどい箇所に粉の重曹を直接ふりかけ、20分程度置いておくと油汚れが浮いてくるので、キッチンペーパーで拭き取ります。(ここで全ての汚れが落ちなくても大丈夫です!)
  2. ビニール袋へ熱めのお湯と重曹を入れて、五徳を20分程度つけ置きします。ここでの分量としては、お湯1リットルに重曹大さじ6~7杯程。
  3. ビニール袋に入れたお湯が冷める前に、歯ブラシを使って汚れをこすり落とします。汚れがひどい場合はここでペーストを付けてこすります。
  4. 布で水気を拭き取り、しっかりと乾かしたら完了です!

3.カセットコンロの本体を掃除していきます

  1. キッチンペーパーに重曹水を吹きかけて、汚れがひどい部分へ置いておきます。
  2. 汚れをふやかしたところで、布を使いふきとります。白い跡が残ってしまう場合は、何度かふきあげましょう。

カセットコンロ掃除の味方セスキ

重曹と並んでカセットコンロの掃除に適しているのがセスキです!

セスキは重曹よりもアルカリ性が高く、油汚れに向いていると言われています。

こちらも100円ショップやドラックストアで手に入るため、汚れの種類によって使い分けるのがベストです!

【用意するもの】

  • セスキ
  • 熱めのお湯
  • キッチンペーパー
  • 汚れてもいい布
  • スプレーボトル
  • 使い古した歯ブラシ
  • 大きめのビニール袋(代わりに鍋やたらいでもOK)

【作業方法】

1.粉・セスキ水の2種類に分けて準備する

セスキ水は水500ミリリットルに対して、小さじ1のセスキを混ぜてスプレーボトルへ入れておきます。(重曹と違い、水に溶けやすいのでお湯じゃなくて大丈夫です!)

2.五徳を掃除していきます

  1. 汚れがひどい箇所に粉のセスキを直接ふりかけ、キッチンペーパーで拭き取ります。
  2. ビニール袋へ熱めのお湯とセスキを入れて、五徳を1時間程度つけ置きします。ここでの分量としては、お湯3リットルに対してセスキ大さじ1杯程が目安です。
  3. ビニール袋に入れたお湯が冷める前に、歯ブラシを使って汚れをこすり落とします。
  4. 布で水気を拭き取り、しっかりと乾かしたら完了です!

3.カセットコンロの本体を掃除していきます

  1. キッチンペーパーにセスキ水を吹きかけて、汚れがひどい部分へ置いておきます。
  2. 汚れをふやかしたところで、布を使いふきとります。

正しい掃除方法でピカピカなカセットコンロへ!まとめ

いかがでしたでしょうか。

誤ったお手入れで「火がつかなくなってしまった」ということがないように、重曹やセスキを活用しながら、定期的にカセットコンロをお掃除してみてくださいね!

こちらの記事もオススメです↓

大掃除のやり方にはこんな時間節約のコツがあった!女性必読です!
台風が去り、秋の風が吹き始め出した今日この頃。そんな秋の気配を感じるとしたくなるのが大掃除! え、大掃除??まだ12月に入ってないんですけど・・・・ 大掃除って年末にするもんじゃない??と思った方いませんか? 実は今の時期...
スポンサーリンク