ベランダの強風対策風よけをつけて家を守る!被害が出る前に対策を

強風 生活

近年、日本では台風が毎月来るようになりましたね。

皆様の地域は大丈夫ですか_

2018年大阪は過去の経験と比べても1番酷かったように思えます。

その中でも怖かったのが風です。強風でマンションが揺れました。

このような経験は初めてで、私はマンション4階に住んでいるので風対策は必要ないと考えていたのもあり、何もしていませんでした。

しかし!!!

風を甘く見ちゃいけない。(反省)

あの台風でそう痛感したので今回は台風の強風対策について考えたいと思います。

スポンサーリンク

必須!!台風で被害を抑える為に

対策

台風で被害を出さないのは1番の理想ですが、大きな台風になると、やはりどこかで被害が出てしまいますので、被害を出来るだけ小さく抑える為に対策をしましょう。

飛びそうな物は家にしまう

↑これ本当に大事です。

台風のニュースを見ていると、大型のごみ箱が転がっていたりするのを見た事がありませんか?

ゴミ箱だったらまだ、そんな固くないので人に当たってもケガなどする恐れはありませんが、もう少し大きいサイズの物・・・。

自転車とか宅配ボックスとかは飛んでない今のうちに家の中にしまっておきます。

それでも「ゴミ箱や自転車はもうしまってあるよ~」と言う方はベランダにある物干しやハンガーと言った類の物を締まってあげて下さい。

コレを仕舞い忘れている・家の中に仕舞ってない人って以外に多いんではないでしょうか??

(私も物干しは仕舞ってませんでした)

ですが、風が強くなると物干しが落ちたり、落ちた物干しが窓を直撃したり、風で飛ばされたりと危険性があるので強風が去るまで家の中で保管した方が良いでしょう。

物干し等の他にもベランダに出してある物があれば一緒に仕舞って下さいね。

家の外に出している物で持ち運びできる物は全部!!です。

これで飛びそうな物・落ちそうな物はひとかた片付けられたと思いますので人に被害を与えるリスクは減りました。

台風で気をつけたいこと

台風の時、ベランダに出していたものが原因で、どこかの家に飛んでいき当たってしまった、歩行者に当たってしまった、もしこのような事が起きた場合、責任はこちらにあります。

自然災害とはいえ、弁償代はこちらが払うはめになるのです。

もし保険に入っていれば話は別ですが、保険に入っている方は実際多いのでしょうか?

我が家には関係ないと思っていると痛い目にあうので、ベランダのものは今一度確認しておきましょう。

スポンサーリンク

必見!強度で選ぶテラス屋根の強風対策!

カーポート屋根

(写真:YKK AP)

人に被害を与える可能性が少なくなった次は、テラス屋根の強化を行いましょう。

私は先日の台風でベランダにあるトタン屋根が飛んで行ってしまったのであの時、対策をしていれば良かった・・・と思いました。

でも、もう遅い。

なので、次の台風が来るまでに何か対策をしよう!!と思い調べてみました。

すると、テラスやカーポートの屋根は「強風が吹いたら飛ぶように出来ている」と言う事が判明!!

最初、それを読み「え?何で??」と思いましたが読み進めて行くとカーポートやテラスの屋根をあえて飛ぶように作る事でカーポートやテラスの骨組みそのものが飛ばされないようにする為との事。

本体より先に屋根が飛ぶ事で風を逃がす構造を作れるので、本体は飛ばされにくい作りになっているんですね。

屋根より、本体が飛んで行った方が被害も大きいですもんね。

では対策は何も出来ないのか??

いえいえ、確かに最終的に屋根は飛んで行きますが、その為対策は出来ます。

まず屋根にも色んなタイプの形があって、その中で強風に強いタイプがR型をしたハイルーフ。

フラット型と違い、カーブがある事で風を受け止める事が出来るので風に強い!!(程度はありますが・・)

又、雪にも強いタイプの屋根があったおりと色々あるみたいなのでお住まいの地域の自然環境の事を考えながら対策しても良さそうです。

台風などによる暴風対策!家の壁や窓を守るグッズ2選!

窓

台風がくると強風で窓がガタガタガタ・・・

と音を立てるのも珍しくありません。何気に怖いですし・・・

ですので、そうならないように

  1. 風よけネット
  2. ガラス飛散防止

の2点で窓を守りましょう。

先ず、風よけネットですがネットで購入可能です↓

設置方法も簡単でハトメ穴に付属のヒモで結ぶと完了なので誰でも簡単に設置する事ができます。

このネットを張ったからと言って風がすべてなくなる訳ではありませんが、バタバタ言っていた風が微風程度になるので気にならなくなります。

又、ネットを固定する為に結んだヒモもキツク結んでいないと飛んで行ったりしますので注意しましょう。

次にガラス飛散防止フィルム。

このフィルムを貼らないとガシャーン!!!バラバラバラとガラスは広範囲に飛び散りますが、

貼るとガシャン!!パラッと物が当たった付近だけガラスが割れ落ちる感じ。

程度によったら、ガラスにヒビが入るだけ。(音を文字で再現しましたが伝わりますかね。。)

なので、先ほどの風よけネットで防ぎ切れなかった風や飛来物の被害はこのフィルムのおかげで最小限に食い止める事ができます。

(尚、風よけネットと飛散防止フィルムはホームセンターで購入できます♪)

飛散防止フィルムが用意できない場合は養生テープを窓にX貼りする事により代用できます。

まとめ

台風による強風被害は増えていますし、もし自分のベランダから飛んだものが歩行者に当たってしまった、他の家を傷つけてしまったとなると責任問題が発生します。

被害を防ぐために、今からできる事をまとめました。

年に数回来る台風は、何が起こるかわからないので不安ですが対策をしっかりしていれば、被害も少なく最少に留める事ができるので安心ですよ。

参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク