必見!仕事のできない人にイライラする時の対処方法をお伝えします

イライラ ビジネス

上司との人間関係や後輩指導など、人間関係に関する仕事の悩みって尽きないですよね!

なかでも「仕事のできない同僚にイライラする」なんて方はおおいのではないでしょうか?毎日イライラしながら仕事をすることは、心も身体もとても疲れてしまいます。

今回は、そのような悩みを解消するべく、「仕事ができない同僚への対処法・イライラしなくなる心の持ち方」をご紹介します。

スポンサーリンク

仕事ができない同僚にストレスを感じなくなる心の持ち方3選!

対策

ストレスを感じていると仕事の効率も下がります。

そこでストレスを感じなくなるような在り方=心の持ち方をご紹介します。

広い視野で人間性を見る

「職場にはさまざまな人が働いている」という事の認識をもって同僚を見てみましょう。

誰もが完璧に仕事をできているわけではありません。仕事以外の同僚の姿はどんな人間なのでしょう?

趣味や人間関係の作り方、持ち前の性格はどんな性格でどんな思考をもっているのか。

すべてを総合したときに、その人の苦手なところ、個性が見えてくるはずです。

仕事ができない人と認識してイライラするだけではなく「こういう人なんだ」と思う事で少し余裕ができるのではないでしょうか。

自分を振り返るきっかけにする

「人の振り見て我が振りなおせ」ということわざがあるように、もしかしたら自分自身もまわりの人からしたら「もっとこうしてほしいのに・・・」と思われている場面があるかもしれません。

仕事ができない人にばかり着目するのではなく、「自分だったらどうするか」「自分はどうなのか」と自分に置き換えて考えることで、自分のさらなるスキルアップにつながる材料になるはずです。

期限付きの関係とわりきる

今は同じ職場・部署で働いているためイライラするかもしれませんが、これから先ずっと一緒にいるわけではないのですから、誰でもこんな状況はあるものだと思って穏やかに自分のするべき仕事へ取り組んでみましょう。

スポンサーリンク

仕事ができない同僚の尻拭いばかりさせられているあなたへ!心の持ち方と対策

Natural4women

尻拭いばかりしてると、なんで私だけ!と余計ストレスが溜まります。

先ずは自分が思っていることを言葉に出す所から解決策を見つけます。

コミュニケーションをとる

仕事ができないという理由で無視をしたり仲間外れにすることは、その人の状況が悪化する事につながったり、「これ以上頑張らなくてもいいや」と自尊心を低くしてしまう原因にもなります。

人間にはそれぞれ得意・不得意がありますので、もしかしたら「仕事のできない原因が分からず悩みながらも、悩みを言い出せないから改善につながらない」のかもしれません。

または、「自分は一生懸命やっていて、仕事ができないなんて感じていない」かもしれません。そんな状況を打破するべく、まずは信頼関係をきづいて向き合い、解決への糸口をさがしましょう。

スポンサーリンク

失敗の原因・解決策を共有する

「どうしてこんなミスにつながったのか」「どうすればミスがへるのか」「ミスをすることでどうなってしまうのか」等の理由を丁寧に教えてあげましょう。

「いつもおなじ失敗ばかりで恥ずかしくないの?」「いつも言ってるよね。なんでできないの?」など圧力的な言葉は相手との関係を悪化や聞きづらい雰囲気を作り出す原因です。

「○○さんはこういうところが苦手なんだね。」と自覚させてから「ミスを繰り返さないようにするためにはこういう対策があるよ。(書類関係の例…メモを見返す・ミスの多いところに付箋をはって最終チェック時に再確認する等)」と具体的なアドバイスをします。

そして、「ミスをすることで誰がどんな状況になり困るのか」を教えてあげましょう。自分にとってはわかりきった事でも、具体的に理解していない人もいます。

「当たり前のことだから言わなくてもわかる」と考えるのではなく「自分は当たり前のように理解しているから一緒に理解いってしてほしい」と考えて、共有を深めていきましょう。

上司に報告・相談をする

どうしても現状が変わらない・周囲の人にも、仕事にも支障が出てきている場合には信頼のおける上司に相談してみましょう。

上司へ報告・相談することはとても勇気がいることですが、自分の気持ちが憂鬱になって体調を崩したり精神的に病んでしまったりする事のほうが深刻です。

一つの解決策として上司に相談することで仕事配分の見直しをしてくれたり対応を考えたりしてくれるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

仕事ができない人にイライラしてしまう事は、あなた自身がその人と向き合おう・現状をどうにかしたいと思っているからこそです。

とても立派で、責任感が強い方だと感じます。今後はぜひ、ここで紹介した解決策・心の持ち方を一つの方法として参考にしてみて頂ければ幸いです。

本日も皆様のお仕事を応援しています。

スポンサーリンク