新生児と飛行機はいつから乗って大丈夫?体の影響や気を付ける事

飛行機 生活

赤ちゃんのいる家庭では、里帰りなどで長距離移動は大変です。

飛行機に乗ることが出来れば、時間もそんなに掛からないので、利用したいところ。

でも、そもそも赤ちゃんって、飛行機に乗せて大丈夫なのでしょうか?

気を付けなければいけないことは?

今回は、赤ちゃんを飛行機に乗せていい時期や、気を付けなければいけないことをまとめてみました。

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗ることを考えている家庭は、良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

赤ちゃんが飛行機に乗ることでどんな影響がでるのか

まず、「新生児は飛行機に乗れるか」ですが、JAL・ANA共に、生後8日以降であれば、同乗できるとされています。

気圧の関係など、色々と気になると思いますが、長時間でなければ、赤ちゃんへの影響はあまりないようです。

ただ、やはり気圧の低さや酸素濃度の低さによる影響を考えると、できれば生後1か月過ぎるまでは待った方がよさそうです。

さらに、首が座る3ヵ月以降であれば、お母さん自身の負担も軽減されるので、3ヵ月以降がベストです。

航空会社によりますが、赤ちゃん用の様々なサービスが準備してあります。

空港券を予約するときに、問い合わせしておきましょう。

サービスの内容としては、おもちゃのプレゼントやベビーベットの貸し出し、粉ミルク作りのお手伝いなどがあり、また、国内線・国際線によっても変わってきます。

各社のウェブサイトなどで、事前に確認することをおすすめします。

座席は、国内線であれば、3歳未満のお子さんは料金が掛かりません。

一緒に乗るときは、お母さんの膝の上で、赤ちゃんをしっかりと抱いてあげれば大丈夫です。

なお、子供用に座席を使う場合は幼児料金が発生します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの飛行機内で耳抜きをする方法とは?

赤ちゃん泣く

飛行機に乗ると、耳がつーんとしますよね。それは気圧の変化によるものです。

大人であれば、あくびをしたりして耳抜きすることが出来ますが、赤ちゃんにそれは無理というものです。

では、赤ちゃんの耳抜きは、どうやったらいいのでしょう。1番言われているのが、ミルクを飲ますことです。

離着陸時にタイミングを合わせてミルクを飲ませると、耳抜きが自然とできますので、ミルクのタイミングをその時に合わせるようにしましょう。

また、おしゃぶりも効果的です。こちらもタイミングを合わせて使ってみてください。

おしゃぶりをすることで、唾液を飲み込むことになり、耳抜き効果に繋がります。

それ以外に気を付けておきたい事としては、座席の予約です。

どいうしてもぐずってしまったり、おむつ替えが必要になったりと、赤ちゃんが一緒であれば、予期せぬことが起きます。

すぐに席を立てるように、座席は通路側の方がいいでしょう。

また、最前列であれば赤ちゃんが座席のシートを蹴ったりすることもなく、前のお客さんに迷惑をかけることがなくなります。

もし、最前列が取れなかった場合、最後列を取りましょう。

人があまり多くなく、C.Aさんの待機している近くなので、何かあればすぐに声が掛けられます。

あとは、赤ちゃんがぐずったとき用のおもちゃやお菓子、おむつやおしりふきなどを用意しておくと良いと思います。

着替えもあると、ミルクを吐いたり、おむつから漏れて汚したりしたときに助かります。

1番いい方法としては、飛行機に搭乗する前に、しっかり遊ばせておくことです。空港内では、キッズスペースを設けてある場所もありますので、そこで思いっきり遊ばせておきましょう。

飛行機に乗ったタイミングでお昼寝をさせておけば、お母さんはかなり楽になるはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

最近では、赤ちゃんとお母さんが快適に乗れるように、様々なサービスがあります。

上手に活用して、素敵な空の旅にしてくださいね。

飛行機内で赤ちゃんが泣く時はどうしたらいい?対策や解決方法とは
子供が生まれる前までは飛行機内で赤ちゃんが泣くとうるさいな〜と思っていたけど、実際に子供ができ赤ちゃんと飛行機に乗ったら大変だということがわかりました。飛行機で赤ちゃんが泣くのはいくつか理由があるので、飛行機前に対策を取る事をオススメします。
スポンサーリンク